2016年4月4日
トヨタメディアサービス株式会社

トヨタメディアサービス、マイクロソフトと共同で米国に「Toyota Connected, Inc.」を設立

—トヨタビッグデータセンターの運用とデータ関連サービスを強化—

トヨタメディアサービス㈱(以下、トヨタメディアサービス)はマイクロソフト コーポレーション(以下、マイクロソフト)と共同で、新会社「Toyota Connected, Inc.」(以下、TC)を、米国テキサス州プレイノに設立する。

新会社は、車載通信機(DCM:データ・コミュニケーション・モジュール)が装着されたトヨタ車、レクサス車から得られる様々な情報を集約するトヨタ・ビッグデータ・センター(以下、TBDC)の運用と、もっといいクルマづくりに向けたビッグデータの研究、活用を行っていく。

TCは、従来からのマイクロソフトとの協力関係の上に成り立っており、マイクロソフトの技術者が、データ解析やモバイル技術などの広いエリアでTCの業務をサポートしていく。

TCの事業範囲はお客様第一の考えのもと、車載サービスやテレマティクスのほか、 クルマと家やIoTの接続、パーソナライズ化、健康と安全、クルマのスマートシティへの統合、関係会社への様々なサービス、フリートサービスなどに及ぶ予定。

会長にはトヨタメディアサービスの社長である友山茂樹が、社長兼CEO(最高経営責任者)には、北米トヨタのチーフ・インフォメーション・オフィサーであるザック・ヒックス(Zack Hicks)が就任している。

TCの設立にあたりヒックス社長は、「TCはデータサイエンスやデータ解析を活用し、 お客様個々に応じたサービスの提供をサポートしていく。お客様個人の習慣や思考に応じたテレマティクスサービスから、実際の運転パターンに合わせた保険料率モデルの 構築、『つながる』技術を搭載した車両への道路状況や交通情報の提供にいたるまで、様々な面でお客様の生活を豊かにしていきたい。」と語った。

新会社の概要は、以下のとおり。

会社名 Toyota Connected, Inc.(トヨタ・コネクティッド)
所在地 米国 テキサス州プレイノ
設立時期 2016年1月
事業内容 ビッグデータセンターの運用、ビッグデータ事業、コネクティッド領域の研究開発
社員数 約40名規模(2017年時点の予定)

以上